高級時計の修理

ロレックスを長く使うための点検

時計

ロレックスを長く、大きな故障なく使用するためには、オーバーホールは必要不可欠です。見た目で故障や日差がほとんどないからと言って、オーバーホールを怠ると、ロレックスの寿命を縮める原因になります。どんなに見た目に異常がなくても、時計の内部のパーツは経年劣化により、摩耗していたりします。オーバーホールは、時計の内部を部品レベルまで分解して、洗浄して、故障があれば交換してくれます。オーバーホールでもう一つ重要な事は、ムーブメント内部の潤滑油を交換してくれる事です。潤滑油は、経年劣化により、粘りが出たり、揮発してしまう可能性があります。この潤滑油の汚れにより、時計を傷めたり、故障の原因になったりします。

オーバーホールの頻度と相場

オーバーホールは、3〜4年に1回行うのが良いと言われています。また、ロレックスのオーバーホールに必要な価格は、モデルによって差が出ますが、5万円前後が相場となっています。また、オーバーホールにかかる期間は、1か月程度を見込んでおけばよいと言われています。日本で修理できない場合、生産国のスイスで修理してもらう事もあります。わざわざ、スイスに送って修理してくれるので、ロレックスは購入してくれたお客様を大切にする時計メーカーである事がわかります。また、オーバーホールを怠ると、故障が起こったりするケースもあるので、部品交換のため、高額な修理費用が必要になるケースもあります。このように、オーバーホールを定期的に行う事によって、ロレックスを長く、故障なく持ち続ける事が可能です。