お得に直す方法

修理にかかる料金はどのくらいなのか

手

バッグの修理にかかる料金というのは、その修理をする部位や壊れ具合によって価格が違ってきます。 また、使用されている素材によっても違いは出てくるのです。 例えば、持ち手部分が擦り切れてしまった場合など、新たに持ち手部分を作製すると7000円前後かかるのが一般的です。 新規で作製せずに布などでの補修が可能な場合などは、4000円前後で修理可能なことも多くあます。 ほつれなどの修復では、大体1500円程度が相場でしょう。 このようにバッグの修理にかかる金額というのは、同じ部位だとしても修理方法によっても違いがあるのが通常です。 基本的には新規で部品を作製しなければならない修理ほど、高額となる傾向が強くなるのです。

ちょっとした工夫でお得に直す

バッグというのは、気にいった物ほど頻繁に使用するものです。 そうなると、どうしても傷みが激しくなってしまいます。 そんな時には、バッグの修理業者に依頼して直してもらうことも可能です。 そこで出来る限り新品同様に直してもらうためには、付属品の管理が大切となります。 バッグを購入した際に、バックの同生地やボタンの予備が付いていることがあります。 こうしたものを大切に保管しておき修理の時に持っていけば、当て布などでデザインが変わったり、違うボタンになったりといったことを防ぐことができます。 また、これによって余分な生地代などがかからずに済むことも多いのです。 ですので購入時に付いていた付属品は、しっかりと保管しておくと良いでしょう。